2008年2月 7日 (木)

不機嫌なナルシス

水仙の 流れは清し 春の雪

家のトイレの水が流れにくくなってしまいました。
以前、詰まって、業者の方に直してもらってウン万円かかったので恐怖です。
流しまくって何とか直るといいな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年2月 5日 (火)

よろこんぶ

春立つや 梅干食べて よろこんぶ

和歌山のお土産に梅干をもらいました。その名は「よろこんぶ」。

くださった方いわく、「いままで食べたことない味だよ。」

梅干なのに塩辛くなくて(塩分4.8% ふつうのは7~10%)、こんぶのうまみがたまらん。ついつい2個食べてしまいました(これでは塩分控えめの意味ないかも…)。

梅干食べたら、いつもはばくばく食べているお菓子が食べたくなくなったような気がしました。ダイエットに効くかも。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年1月19日 (土)

シャンプーの容器

黒髪に 白雪が降り 残り香も 椿の花と 移りゆく夜 

カラーリングしたら髪の毛がゴワゴワしたので、新しいシャンプーを買いに行きました。スーパーでポンプ入りのリンスインシャンプーを探したら…詰め替え用しかない!薬局にいったら「お取り扱いしていません。」もう一軒の薬局もない。じゃあ、新しいの買うときはどうすればいいんじゃー?しょうがないので小さいシャンプーとコンディショナーを買いました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年10月22日 (月)

キスリング展

あひみての のちの心に 比ぶれば 昔のままで いればよかった

府中市美術館のキスリング展を見に行きました。

キスリングは以前エコールドパリの美術展で見つけて以来好きになって、楽しみにしていたのですが…。

ロマンチックだと思っていた女の人の絵がセルロイドの人形に見えて、一回りしたらもういいや、と言う気分になりました。

大勢の中で友達でいるには素敵だけど、一対一の恋人になるとちょっと…と言うような感じでしょうか。それとも、あんまり好きすぎると反動で嫌になるのかしら。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

犬を飼うには

来ぬ人を 松島湾の 貝もなし 早く散歩に 連れて行けわん

テレビの犬猫番組をみながら:

夫「犬飼いたいなぁ。」

私「もしも私が作家かなんかになって家にいつもいるようになったらね。」

夫「作家になっても、きっと締め切りに間に合わなくてホテルにカンズメだよ。」

私「いつも家から会社に走っていく自分と一緒にしないでよ。私は駅の階段まで走んないんだから。」

夫「同じじゃないか!」

| | トラックバック (0)

2007年10月12日 (金)

ファンタ

仕事中 ファンタを飲んで 5分間 授業サボった 子供にかえる

午後3時、自動販売機に行く。いつも仕事中飲むものといえばコーヒー。ところが今日はなぜかファンタグレープが目に付いた。でも、買うのはちょっとためらう。ファンタは夏のプールの後よく飲んだ遊びモードの飲み物。でも買って飲んでみる。仕事中のファンタ、ちょっと背徳的。

,

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年10月 7日 (日)

ギリシャ悲劇

三界に 家はなくても まあいいか 蛇はぬらぬら みずをただよう

インド・イラン・ウズベキスタン・日本コラボレーション
演じる女たち<3部作>-ギリシャ悲劇からの断章ーを見に行きました。

前衛芸術は難解というのは世界共通なのかしら。よくわからんから好きなように見ました。

「メディア」
ギリシア悲劇のメディアって、道成寺伝説と似てると思う。
夫に捨てられて子供を殺して家を出るメディアと、出家する時に子供を蹴落とす西行も似てる?

「イオカステ」
坊やは役立たずだ、お前のお父さんの冷たい指はうんざりだ、お前のあたたかいゆびであたためておくれ、と言う母親。子供に自信を失わせて自分から逃げられないようにして子供に寄生する親と言うのはどこにもいるのかしら?

「ヘレネ」
エレキギターを弾いたり、携帯用のゲーム(?)をする人が突然出てくる理由がわからん。人が突然踊りだすインド映画のようだ。

3つあわせると
結婚生活が破綻した場合、
①女が家を出るには子供を殺さなければならない(メディア)
②不満をかみ殺して家にとどまると子供をダメにする(イオカステ)
③外に男を作って逃げると戦争になる(ヘレネ)
じゃあ、どうしろっていうんだ!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年8月25日 (土)

裏表先代萩

忠義とは 過酷なりけり 上意にて 腹切られても 舞わねばならぬ

歌舞伎を見に行きました。お家騒動で、最後におじいさんが悪者を倒してめでたしめでたしでしたが…。
悪者に腹を刺されたあと悪者を倒したおじいさん、瀕死のはずです。なのに腹を抱えてよたよたと上司に報告。上司、籠を勧めるがおじいさんが辞退すると、なぜか舞を所望(パワハラ?)。よたよたと舞うおじいさん。忠義って大変だわ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年8月13日 (月)

流れ星

流れ星 空の川原で 拾ったら 銀の魚に なれるでしょうか

毎年、八月の中頃、空を見るのが好きです。妖しく燃える夕焼けのあと、真夜中に空を仰ぐと、流れ星がひとつ二つ…。毎年今時分、ペルセウス流星群が見られるためらしいのですが。流星群の季節とお盆が重なるのは何か関係があるのかな。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年6月24日 (日)

炊飯器

炊飯器 IHにて 米が立つ ご飯粒まで 個人主義です

大学入学以来ずっと使っていた炊飯器が壊れたので新しい炊飯器を買いに行きました。
店員さん「20年近く前のと比べたらどれでもすごくおいしくなりますよ。」
炊いてみたら、前は全部くっついてぐちゃっとした感じだったのが、なんか一粒づつコーティングしたみたいに粒だってる。
「これって、おいしいの?」
「たぶん、おいしいんだよ…」
おいしい、まずいは文化的な問題かもしれない。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

«カエルVSウワバミ